東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

第2位 日本財託


おすすめポイント7000人以上ものオーナー数を誇る、大手投資会社

惜しくも2位のランクインとなったのは、「株式会社日本財託」です。

この会社は、とくに中古マンションの不動産投資を扱っている会社の中では、比較的大手に入る部類といってもよいでしょう。

18000戸もの管理物件数と7000人以上ものオーナー数を誇り、各物件の入居率も高いです。

その強みは、なんといっても規模に伴う知名度の高さと信頼性。

決して無条件で信頼できる!というわけではありませんが、やはり規模の大きい企業というのはそれほど実績のない新興の会社に比べると、信頼性は高いと言えるでしょう。

そのモットーは「一人でも多くの人の老後の不安解消」

新米オーナーのために、さまざまなサポートを行ってくれることで評判です。

東京のワンルームマンションに強みを持ち、20000戸以上の管理物件を所有



■ワンルームマンションに特化

数ある東京都内の不動産投資系企業の中でも大手と言える日本財託ですが、どうやら中古のワンルームマンションを強みとしているようです。

一部屋分のスペースしかないワンルームマンションですが、独自のメリットとデメリットがあります。

メリットは比較的家賃を安く設定しやすく、その分コストパフォーマンスを重視する入居者の関心を惹きやすいこと。

そしてもうひとつはそれほど大きなスペースを必要としないために、維持費が安く済む場合が多いということです。

デメリットとしては、ワンルームである以上大きな利回りは望みづらいことが挙げられます。

加えて多くのワンルームマンションがコストパフォーマンスを重視するあまり耐久性等が重視されておらず、耐震性や経年劣化の問題に悩まされる可能性があるということです。

■ワンルームマンション含めた多数物件を所有

メリットデメリットがはっきりしているワンルームマンションではありますが、事前にこうした点を把握していれば、効率よく安定して利益を上げることも不可能ではないでしょう。

この日本財託は、そんなワンルームマンションを含めた管理物件を実に20000戸以上も保有しており、自分の好みに沿った物件が見つけやすくなっています。

強引な営業、そしてしつこいセールス電話は一切行いません



いかんせん、不動産を主に取り扱う業者というのは嫌われやすい傾向があります。

それはいったいなぜか、強引かつ粘着な営業やセールスがその要因となっています。

事実、私もそういった不動産系の営業を疎ましく感じていたことがあります。

平日の仕事時間であろうと休日の午後であろうと、時間を問わずかかってくる不動産系の営業電話は「なんでもいいからとにかく売ればいい」といった利益最優先の自分勝手な企業の姿勢が垣間見え、とても不快感を覚えたものです。

とくに厄介なのが、いわゆる訪問系の強引な営業であり、少しでも油断をして話を聞こうとすれば、喰らいついて決して離さず、貴重な時間を費やす羽目にもなってしまいます。

(最近は法整備が行われ、ずいぶんマシになってきましたが)

この日本財託は、そうした「しつこい」を考えられるほどの強引な営業やセールス電話をいっさい行わないということをモットーのひとつとしているようです。

こうした取り組みはサービスには直接かかわってはきませんが、その姿勢に好感をもたれる方もおられるのではないでしょうか。

日本財託を【利用したオーナーの声】を見てみる

 

空き時間が短くなるためのスピーディなサポートで、高い入居率



この日本財託が他の業者とは異なる、あるいは優れているとしているアピールポイントとして、入居率の高さがあります。

この点に関しては、このランキングにおいても上位に入るほどであろうと個人的には思います。

実際、マンションの入居率というのは、投資の成否に大きく関わる部分です。

空き部屋の多い中古マンションが事業として成り立たないというのは誰であっても理解ができることであり、マンション投資で利益を獲得するにあたって最重要のひとつとも言えるポイントです。

それでは、この日本建託はいったいどのようなテクニックを用いてその入居率を高水準で維持しているのかということですが、それは入居者が退去した後の対応が鍵となっています。

入居者が退去した後は品質を保持するために内装工事を行うのですが、これを日本建託の物件はわずか7日以内で終わらせることを目標としているのです。

だからこそ、入居者を待たせ、迷わせる時間を作ることなく、すぐに空き部屋を埋められるようになっているのですね。

これが、日本建託の高水準入居率のヒミツです。

「滞納保証制度」によって、払われなかった家賃を立て替えてくれる



加えて、この日本財託という会社はなかなか面白い制度を用意しています。

投資用マンションの運営を行っている際に困りものとなりがちなのは、なかなか家賃を支払ってくれないような人なのですが、日本財託ではそういった人によってオーナーが損失を被ってしまわないよう、「滞納保証制度」というものが設けられています。

これはいったいどのような制度なのかというと、家賃を滞納し続ける入居者が発生し、なおかつ特定の条件を満たしていた場合、最大で12ヶ月分の家賃を日本財託が肩代わりして支払ってくれるというものなのです。

慢性的な家賃滞納者への対策にはなりづらいと考える方もおられるかもしれませんが、それでもオーナーの損失補てん対策としては、十分に有効だと言えそうですね。

余剰資金で不動産投資をしたい方向け

以上、株式会社日本財託の紹介でした。

どちらかと言えばこの業者は、余剰資金で不動産投資をする余裕がある方向けとなっています。

500万円から1000万円といったまとまった年収の方・投資資金を確保できる方と相性がよいのではないでしょうか。

逆に言えば、頭金等を用意できないといったような方の場合は、どちらかと言えば他の不動産業者をセレクトした方がよいのかもしれないなと、リサーチした上で思いました。

日本財託へのアクセス

住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル9F・10F
最寄り駅:新宿駅 徒歩6分