東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

賢い投資を目指すなら知っておきたい!郊外の物件を選ぶ際のポイント

公開日:2024/06/01  

中古マンション投資 東京郊外
中古マンション投資において、郊外の物件は注目すべき選択肢です。この記事では、投資用の郊外物件の選び方や成功のポイントを紹介します。物件価格の安さや利回りの魅力とともに、デメリットにも目を向け、郊外の中古マンションに投資する際のポイントを理解し、将来にわたる安定的な収益を手に入れましょう。

東京の郊外とは

東京の郊外は、東京都心から外側に広がる地域を指します。しかし、具体的な範囲は一概に定めるのが難しく、人によって解釈が異なるでしょう。

一般的には、東京都23区外や多摩地域、八王子市、川崎市、千葉市、さいたま市などが郊外に含まれます。郊外エリアは、都心からのアクセスが比較的良好でありながら、自然環境も豊かな地域が多く、住環境の向上や物件価格の相対的な低さが魅力です。

そんな東京の郊外エリアが首都圏の不動産市場において、不動産投資家の注目を浴びています。しかし、その「郊外」の境界は明確ではなく、投資先を選定するうえで重要な要素となっているのです。

ここでは、東京の郊外とはどこからどこまでなのか考察してみましょう。

都心と郊外の境界線

都心と郊外の厳密な境界線は存在しませんが、通常は交通アクセスや物件の供給状況、開発の進捗などが考慮されます。都心6区内が都心とされつつも、各駅のアクセス時間やエリアの特性によってその境界は可変的です。

皇居からの距離やアクセス時間

皇居を中心に25km圏内や急行で30分前後のエリアが都心として扱われることがあります。このエリアはマンションの供給が盛んで、需要が高い傾向です。

23区内とそれ以外のエリア

23区内は需要が高く、都市生活を求める人々が多い一方で、それ以外のエリアでは郊外的な住環境が魅力とされます。投資先の特性によって選択する視点も考慮されます。

供給特性に基づく分類

マンションが主体のエリアを「都心」、戸建てが多いエリアを「郊外」と見なすことがあります。この分類により、地域ごとの需要動向や家賃水準を分析しやすくなります。

郊外の物件を選ぶ前に知っておくべきメリット

中古マンション投資において、郊外の物件は独自のメリットをもっています。これらのポイントを押さえることで、投資家はリターンの最大化やリスクのヘッジに役立てることができるでしょう。

価格の手ごろさと投資のスタートライン

郊外の物件は、都心に比べて価格が手ごろである傾向があります。これは、初めての不動産投資家や資金に制約のある人にとって魅力的なスタートラインを提供するのです。

中古マンションやアパート1棟などが比較的手に入りやすく、ローンも少なくて済むため、投資を始めやすいといえます。

利回りの向上と賢い投資戦略

低価格な郊外物件は、高い利回りをもたらす傾向があります。購入価格に対する家賃収入の比率が大きくなるため、投資利回りも高く期待できるのです。

築年数を選ばなければ、利回り20〜30%以上の物件が簡単に見つかることも。資金力がある投資家は、複数の物件を組み合わせてリスクを分散し、戦略的な投資を行うことができます。

リスクヘッジと多様性の確保

郊外の物件は手頃な価格で手に入るため、資金力のある投資家は複数の物件を取得してリスクヘッジを行えます。また、異なるエリアやグレードの物件への投資も可能で、中古マンション投資戦略の幅が広がるのです。

多様性を確保することで、投資先におけるリスクを分散し、安定性を向上させることが期待できます。

郊外の物件を選ぶ前に知っておくべきデメリット

中古マンション投資において郊外の物件を選ぶ際には、注意が必要なデメリットも存在します。これらの課題に正面から向き合い、検討することが重要です。

人口減少による入居需要の低下

郊外の地域は都心に比べて人口増加率が低いことがあります。このため、入居需要が低下しやすく、空室率が上昇するリスクが懸念されるのです。

とくに将来の地域の発展性や人口動態を注意深く調査する必要があります。

売却価格の低下と流動性の低さ

郊外の中古マンションは都心に比べて売却価格が低く、流動性が低いという特徴があります。資産価値の低さから投資資金の回収が計画通りに進まない可能性があり、出口戦略を確立するうえで慎重なプランニングが必要です。

立地条件の不利性と入居者層の制約

郊外の中古マンションは都心から離れていることが多く、最寄り駅から都心までのアクセスに時間がかかることもあります。これにより通勤・通学に向かない入居者層が生まれやすく、家族をもつ層や単身者の入居が期待しにくくなるでしょう。

郊外の中古マンション投資物件を選ぶ際のポイント

中古マンションの郊外投資は慎重な調査と分析が不可欠ですが、適切な選定により魅力的なリターンが期待できる可能性があります。しかし、賢明な投資を行うためには選定の際にとくに注意が必要です。

以下で、郊外の中古マンションを選ぶ際のポイントを探ってみましょう。

地域の将来性を見極める

まず、投資先の地域の将来性を確認することが不可欠です。周辺環境やインフラの整備状況、将来の開発計画などをリサーチし、地域の成長が見込まれるかどうかを判断しましょう。

とくに、大手企業の進出や大学などの教育機関の存在は、入居者の確保につながります。

稼働率や入居需要を確認する

中古マンションの投資物件は、稼働率や入居需要が収益に直結する重要なポイントです。同じ郊外でも地域によって需要が異なるため、入居者が見込めるかどうかを地元の不動産市場をリサーチすることが欠かせません。

地元の不動産業者や住民の声を取り入れ、物件の需要動向を把握しましょう。

物件の管理状況を確認する

中古物件であるからこそ、物件の管理状況は投資のカギを握ります。建物の設備や共有部分の状態、修繕積立金の残高などを確認し、将来的な修繕コストやリフォームの必要性を把握しましょう。

管理組合の適切な運営は、将来の安定した運用に直結します。

周辺環境とアメニティを考慮する

入居者が快適に生活できるかどうかは、周辺環境や提供されるアメニティにかかっています。公共交通機関のアクセスや近隣の商業施設、教育機関の存在は魅力的なポイントです。

また、駐車スペースの有無や共有施設の充実度も見逃せません。

リスクヘッジとしての資産価値の変動を予測する

中古マンションは将来的な資産価値の変動にも注意が必要です。地域の発展や需要の増減、不動産市況の変動などを考慮し、リスクヘッジを行うための予測を立てましょう。

将来的な売却や資産の有効活用を見据えた投資戦略が不可欠です。

まとめ

ここまで、中古マンション投資における郊外の物件を選ぶポイントについて解説しました。郊外の中古マンション投資を成功させるためには、東京の郊外の特性を理解し、物件選定に慎重に取り組むことが不可欠です。

郊外の定義やエリアごとのメリット・デメリットを把握し、将来性や立地条件を考慮することが投資のポイントです。物件価格の安さや高い利回りなどのメリットとともに、空室率や売却価格への不安などのデメリットも注意深く検討する必要があります。

郊外の中古マンション投資においては、立地選びや入居需要の確保、地元密着の不動産会社の協力が成功のポイントとなります。

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像