東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

投資用マンションに自分で住むのは可能?必要な条件や手続きを解説!

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/01/16

投資物件に住むには

マンション投資において、自分で住む選択肢はあるのでしょうか?投資物件を自分で住む際のリスクや条件、そしてメリットとデメリットについて詳しく解説します。将来を見据えて投資を始める方や、すでに投資しているけれども自分で住みたいと考える方にとって、参考になる情報を提供します。

投資用マンションに自分で住むメリット

まずは投資用マンションに自分で住むメリットを見ていきましょう。

充実した設備

投資用マンションは高品質で充実した設備が揃っており、セキュリティや共有施設が整っています。したがって、自己利用時には快適で安全な生活環境を手軽に享受でき、忙しい日常生活においてもストレスを最小限に抑えられます。周囲の利便性やアクセスも考慮された立地で、余裕ある生活が期待できます。

即座な引っ越し対応

空室があれば、自分の都合に合わせて即座に引っ越しが可能です。急な生活の変化や予期せぬ事態にも迅速かつ柔軟に対応できるため、生活スタイルの変更にも対応しやすい点が魅力です。そのため、新しい環境への適応もスムーズに行えます。

物件が自由に管理できる

自分が所有する物件を自ら管理することで、リノベーションや改修など、好みに合わせたアップグレードが可能です。さらに、細部までこだわった快適な居住空間を自分仕様にカスタマイズでき、より満足度の高い居住環境を実現できます。

投資と生活の一体化

投資用の物件でありながら、自ら住むことで投資と生活が一体化します。将来的に資産価値の上昇が期待できる一方で、日常の生活においても快適で贅沢な住環境を楽しめます。これにより、将来への不安を軽減しながら、資産の運用と生活の品質向上を同時に実現できます。

不動産投資ローン完済時のメリット

投資用ローンを完済している場合、物件が自己所有となり、賃貸収入が不要になります。そのため、将来的なリタイアメントの際には居住環境の安定が期待できます。

また、所有権が明確であるため、柔軟な利用が可能です。将来の自己利用や相続の観点からも、投資用ローンの早期完済は有益です。物件の評価が上昇していれば、売却時には資産の増加も期待できます。

このように、自己利用においては高品質な設備や柔軟な利用が可能となり、将来の安定した生活環境を築く手助けとなります。早期完済による資産の増加も、将来の計画において重要な要素となります。

投資用マンションに自分で住む条件

投資用マンションを自分で住むためには、特定の条件や検討すべきポイントが存在します。以下に、その条件についていくつかの小見出しで詳しく解説します。

不動産投資ローンの完済

投資用マンションを自分で住むためには、まず不動産投資ローンを完済している必要があります。ローンが残っている場合、契約違反となり、最悪の場合はローンが打ち切られる可能性があります。

完済後であれば、自己所有のマンションとして自由に利用できます。計画的な返済スケジュールを策定し、ローン完済を目指しましょう。ローンの完済におすすめなのが、繰り上げ返済です。

ローンを完済するまでの期間を短縮し、自己資金での購入条件を満たしやすくなります。追加の収入やボーナスを活用して効果的な返済計画を策定しましょう。

全額自己資金での購入

もう一つの条件は、投資用マンションを全額自己資金で購入していることです。不動産投資ローンの残債がある場合、契約上の問題や金利の高さなどがハードルとなり、自己利用が難しくなります。自己資金で購入することで、柔軟性が増し、自分の生活スタイルに合わせた利用が可能です。資金計画を検討し、適切な資金調達を行いましょう。

入居者のいない空室状態

当然ながら自分で住むためには、マンションが入居者のいない空室状態である必要があります。入居者がいる場合、契約や法的な問題が発生しやすく、また合理的な理由がない限り退去を求めることが難しいため、空室状態を待つ必要があります。適切なタイミングで入居者との調整を行います。

法的な制約や契約事項の確認

自分が所有している投資用マンションに自ら住む場合、契約書や法的な制約の確認が必要です。一部の物件やローン契約には、居住が制約される場合があります。これらを確認し、適切な手続きを踏むことが大切です。専門家のアドバイスを得ながら、法的な側面を慎重に検討しましょう。条件を満たすことで、投資用マンションに自分で住めるようになります。

投資用マンションに自分で住む場合の手続きと注意事項

投資用マンションに自分で住む際にはどのような手続きが必要なのか。またどのような点に注意すればよいのか。ここで詳しく解説していきます。

金融機関への相談と手続き

投資用マンションを自分で住むためには、金融機関との早期かつ透明なコミュニケーションが不可欠です。物件の利用目的が変わることで契約違反が生じないよう、信頼関係が大切です。

不動産投資ローンから住宅ローンへの変更や、追加融資の相談など、具体的な手続きについても事前に確認しておきます。これにより、円滑な融資手続きが期待できます。金利や借入条件の変更も含め、将来の負担軽減のために綿密な計画が重要です。

節税の検討とリスク回避

自分で住むための変更に伴う節税メリットの検討と同時に、得られない場合は他の節税手段の模索が重要です。税務上のリスクを回避するためには、税理士や専門家に相談が賢明です。住宅ローン減税など、具体的な税制度を理解し、最適な節税戦略を構築して、将来的な税金負担を最小限に抑えられます。税制改正への対応も含め、常に最新情報の把握が重要です。

物件管理と居住準備

自分で住むためには、物件管理や居住準備が欠かせません。入居者がいた場合は、円滑な引き渡しや契約解除手続きを迅速かつ丁寧に行います。自分の生活スタイルに合わせ、リノベーションや家具の手配を行い、快適な居住空間を整えることが重要です。

計画的な引越しや生活スタイルの変化に備え、スムーズな居住開始を目指しましょう。また、物件管理を通じて、将来的なメンテナンスや改修への備えも肝要です。

投資用マンションの価値を上げる

投資用マンションを自分で住む際、将来の再販時に向けた価値向上策が不可欠です。周辺環境の調査やマーケットトレンドを考慮し、リノベーションやアップデートを検討してマンションの魅力を高めます。

将来的な売却時により良い条件で取引できる可能性があります。自分で住むことを考える際には、将来の投資戦略も見据えた賢明なアプローチが求められます。物件の魅力を最大限に引き出し、資産価値の向上を図ることが重要です。

まとめ

投資用マンションの自己利用は、慎重な計画と細心の注意が不可欠ですが、適切に行えば将来の居住環境の安定や節税のメリットが期待できます。まず第一に、金融機関との早期な相談が肝要です。物件利用目的の変更に伴う契約違反を回避し、スムーズな移行を図るために、誠実にコミュニケーションを図りましょう。また、節税メリットを得るためには、専門家の助言を仰ぎ、適切な手続きが不可欠です。税理士や専門家のアドバイスを受けながら、将来的な税金の変化や負担を最小限に抑える計画が重要です。投資用マンションの自己利用について検討している人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像