東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

中古マンション投資は立地がすべて?投資物件の選び方とは

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/12/15

中古マンション

不動産投資を始める際、投資物件の立地選定はとても重要です。立地が成功の鍵といわれる理由や、他にも大切なポイントを見ていくことで、賢い投資に繋がるでしょう。この記事では、なぜ立地が大事なのか、そのほかの投資物件選びのポイント、そして不動産投資を成功させるための物件選びの方法について探っていきます。

立地が大事といわれる理由

良い物件を見つけるためには、まずその立地を重視することが欠かせません。立地が投資において重要視される理由はいくつかあります。駅からの距離、施設の充実度、周辺環境など、これらが成功にどのように影響するのか、以下で見ていきましょう。

駅からの距離が鍵を握る

立地の中でもとくに重要なのが、駅からの距離です。都市部では駅からの距離が近いほど、地価が上昇し、入居者の希望も高まります。これは交通利便性が向上し、通勤や通学が便利になるためです。逆に、駅から遠い地域では地価上昇が緩やかで、入居希望者が少ない可能性があります。賢い投資家は、将来的な地価の上昇を見込んで、駅に近い物件を優先的に考えることが多いのです。

施設の充実度と生活の利便性

もう一つ重要な要素が、物件周辺の生活施設の充実度です。スーパーや病院など、日常生活に欠かせない施設が近くにあることは、入居者にとって大きな利点になります。これにより、住みやすさが向上し、長期的な入居者の確保につながります。良い立地の物件は、生活の利便性が高いことが期待され、それが投資成功につながるのです。

周辺環境の影響

立地の評価には周辺環境も欠かせません。騒音や治安などが住みやすさに影響を与えます。賑やかなエリアや治安の悪いエリアでは、入居者が減少する可能性が高まります。逆に、静かで治安の良いエリアは入居者の安心感を生み出し、物件の魅力を高めます。周辺環境をよく調査し、将来的な変化を見極めることが重要です。

地域ごとの立地の特徴

東京23区と地方圏では、立地の特徴に違いがあります。東京23区では駅からの距離がとくに影響を与え、駅に近いほど入居者の希望が高まります。一方、地方圏では都市部と比べ地価の推移が緩やかであるため、駅からの距離による影響は小さいものの、駅に近い方が好まれる傾向が見られます。地域ごとの特性を理解し、立地のポイントを押さえた投資が求められます。

良い立地を見つけるためには、これらのポイントを総合的に考えることが大切です。立地が投資において鍵を握る理由を理解し、地道な調査と検討を重ねることで、不動産投資成功への道が開けるでしょう。立地は入居率などに直接的に影響するうえ、物件購入後には自分では絶対に変えることのできない要素です。焦らず、慎重に検討することをおすすめします。

そのほか投資物件に重要な要素

投資物件を選ぶ際には、価格や利回りなど、立地以外にも様々な要素が不動産投資の成功を左右します。ここでは価格、利回り、築年数、そして間取りといった、物件選びにおいて重要なポイントに焦点を当ててみましょう。

価格の影響

まず注目すべきなのが価格です。物件の価格は、投資において利回りに直接影響を与える要素の一つです。高額な物件ほど購入にはリスクが伴いますが、一方で利回りが大きくなる可能性もあります。逆に低価格な物件はリスクが低い反面、利回りも限定的です。バランスを取りながら、自身の投資目標に合った価格帯を見つけることが大切です。

利回りの実態

次に利回りに注目しましょう。利回りには表面利回りと実質利回りがありますが、実質利回りがより現実的な指標とされています。表面利回りは、家賃収入と物件価格の比率を示しますが、これには諸経費や税金などが含まれていません。実質利回りはこれらの諸経費を考慮に入れ、より具体的な収益率を見ることができます。将来の予測も含め、実質利回りを重視して物件を検討することが大切です。

築年数の影響

築年数も重要なポイントです。1981年以前と以降では耐震基準が異なります。新しい物件ほど地震に対する安全性が高まりますが、同時に価格も高い傾向があります。逆に古い物件は価格が抑えられる反面、耐震性に課題が生じることがあります。購入時に将来のリフォームや補強工事を見越して、築年数を考慮することが賢明です。

需要の高い間取り

最後に、間取りにも注目しましょう。社会情勢やライフスタイルの変化に合わせ、需要の高い間取りを選ぶことが重要です。例えば、単身者向けの1Kや、ファミリー向けの3LDKなど、地域やターゲット層に合わせた間取りを選ぶことで、入居者を確保しやすくなります。需要の高い物件は、長期的な安定収益につながるため、間取りの選択は慎重に行うべきです。

これらの要素をバランスよく検討し、将来の収益を見据えつつ物件を選ぶことが、不動産投資で成功するための重要なステップと言えるでしょう。物件選びにおいては、単一の要素だけでなく、総合的な視点からの判断が不可欠です。

不動産投資成功のための物件の選び方

不動産投資は、将来の安定的な収益を追求する手段として人気がありますが、どのように物件を選定すればよいのでしょうか。情報収集から投資目的に応じた物件選びまで、スマートなアプローチで物件を選ぶためのポイントを探っていきましょう。

情報収集から始める

物件選びの第一歩は情報収集です。市場動向や地域の特性、同様の物件の取引事例など、幅広い情報を取り入れましょう。これによって、避けたい物件や適しているエリアが明確になります。信頼性の高い情報源を活用することで、物件選びの成功率が向上します。

不動産投資会社の利用

不動産投資初心者にとっては、信頼できる不動産投資会社に頼ることが一つの方法です。会社が提供する物件は、一定の基準をクリアしたものが多く、信頼性が高いと言えます。また、専門家のアドバイスを受けながら、自分の目指す投資目的に合致する物件を見つけることができます。投資初心者にとっては、安心感が得られる手段といえるでしょう。

物件の避けるべき条件

成功するためには、避けるべき物件もしっかりと認識しておくことが不可欠です。政令指定都市周辺の物件は需要が高まりやすい一方で、違法建築物や事件・瑕疵のある物件は避けるべきです。将来的なトラブルの原因となりかねません。

資産価値の算出方法

物件の資産価値を正確に算出することも、不動産投資成功のポイントです。主な方法として、原価法、収益還元法、取引事例比較法があります。原価法は再調達原価を基に算出し、収益還元法は不動産の収益性を考慮した価格算出法です。取引事例比較法は、類似した成約事例を基に評価対象の不動産価格を求めます。これらの方法を組み合わせ、物件の真の価値を見極めましょう。

投資目的別の物件選びのポイント

投資目的によっても物件選びのポイントが異なります。副収入目的の場合は、家賃収入の安定性に注目し、所得税・住民税の節税目的では減価償却を利用できる中古物件が有利です。相続税の節税目的であれば、評価額を圧縮できる物件を選びましょう。目的に応じて物件の特性を理解し、戦略的な選定が不可欠です。

不動産投資は資産形成や収益の安定を目指す上で有力な手段ですが、成功には慎重な物件選びが欠かせません。情報収集、専門家の協力、物件の条件や評価方法の理解、そして投資目的に合わせた選定が、成功への近道となります。将来にわたり安定的な収益を追求するために、これらのポイントを押さえながら物件を選びましょう。

まとめ

不動産投資の成功には、物件選びが鍵を握ります。立地はその中でも最も重要で、駅からの距離や周辺環境が収益に直結します。また、価格や利回り、築年数、間取りなども見逃せないポイントです。信頼性の高い情報の収集や、信頼できる不動産投資会社の協力も重要でしょう。そして、目的に応じた物件の特性を理解し、賢い選択を重ねることが、将来の安定収益を確保するカギとなります。不動産投資の成功には、慎重な物件選びが不可欠です。

 

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像
記事一覧