東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

東京で不動産投資を始めたい!ワンルームマンションのメリットとリスク

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/12/20

不動産投資がどのような投資か知っていますか?今回は、不動産投資について、またその中でも、ワンルームマンションのメリットやリスクについて解説していきます。投資の第一歩を踏み出したい方は必見です。理解を深め、安心して不動産投資をスタートできるよう、本記事をチェックしてみてください。

不動産投資の仕組みと魅力

不動産投資は、マンションやアパートなどの不動産を購入し、その資産を運用して利益を得る手法です。安定した収入源を確保するだけでなく、将来の相続対策や、節税の効果も期待できます。以下で魅力や仕組みについて解説します。

不動産投資の基本的な仕組み

不動産投資の基本は、購入した物件を賃貸に出し、入居者から得た家賃を収益とすることです。主な目的は、家賃収入の獲得であり、入居者が定着することで長期的かつ、安定した利益が見込めます。これにより、不動産投資家は資産を有効に活用し、資産価値の増加や運用利益の獲得を目指します。

不動産投資の種類

一口に不動産投資と言っても、さまざまな種類があります。

・区分マンション経営
一室を購入し、家賃収入を得る手法です。初期費用が低く、リスクが比較的低いのが特徴です。

・マンション・アパート一棟経営
一棟をまるごと購入し、複数の部屋を貸し出す形態です。初期投資は大きいですが、高い利益が期待できます。

・戸建て経営
一戸建てを購入し、家賃を収入とする手法です。ファミリー向けが一般的で、入居者を確保するまでのハードルが高いことがあります。

・駐車場経営・コインランドリー経営
比較的低い初期費用で始められますが、利益には限りがあります。

不動産投資のメリット

・安定した収入源
家賃収入により、安定した現金収入が得られます。

・相続対策
不動産は資産として残り、相続時の分配にも活用できます。

・節税効果
不動産投資には様々な税制優遇措置があり、節税効果が期待できます。

不動産投資のリスク

・空室リスク
入居者が長期間見つからない場合に発生する収益の減少リスクです。

・物件の老朽化
管理が行き届かないと、物件の価値が減少する可能性があります。

・市場価値の変動
不動産市場の変動により、物件の評価額に影響を受けます。

不動産投資は、リタイアメントプランや、将来の安定収入確保に向けて魅力的な手法です。リスクを理解して賢く運用することが重要です。

ワンルームマンション投資のメリットとリスク

ここからは、ワンルームマンション投資にフォーカスしていきます。

ワンルームマンション投資は、不動産市場で注目を集めている手法の一つです。ワンルームマンションを購入して運用する方法は、スタート時に費用を抑えながら資産を形成するのに最適です。なぜなら、このタイプのマンションは需要が高く、入居者がつきやすいからです。

以下でワンルームマンションのメリットについて解説します。

ワンルームマンション投資の基本

ワンルームマンション投資は、毎月の賃料収入(インカムゲイン)と、物件の将来的な値上がり益(キャピタルゲイン)を追求する投資戦略です。一般的には、区分所有のワンルームマンションが投資対象とされ、500万円程度から始めることができるのが特徴です。

需要が高いエリアでの購入がポイント

ワンルームマンションは独身の社会人や、一人暮らしの学生に人気があります。単身者向けの住まいであるため、入居者を見つけやすく、とくに単身者が多いエリアでは需要が高まります。建築規制が入っている場所も多く、供給が少ないエリアを狙えば、空室リスクを低減できるメリットがあります。

初期投資が少ないため手軽に始められる

ワンルームマンションは比較的価格が安く、初期投資が少ないのが魅力です。他の住宅や広いマンションよりも手頃な価格で投資を始めることができ、不動産投資初心者にも優しい選択肢といえます。投資ローンを活用することで、少額ずつ返済しながら資産を形成できます。

管理がしやすく、老後の資産としても有望

ワンルームマンションの管理は簡単で、メンテナンスや修繕も管理会社に任せられます。管理がしやすいため、多忙な投資家にも適しています。また、投資ローンを完済すれば将来の生活の備えとして活用でき、老後の資産形成や個人年金としても期待できます。

相続対策としても有益

ワンルームマンション投資は相続対策としても有益です。不動産は土地や建物が時価よりも低く評価され、相続税の課税対象を減らせるメリットがあります。また、団体信用生命保険の利用や繰り上げ返済なども相続リスクを軽減し、安心して資産を残せます。

ワンルームマンション投資は手軽な初期投資と将来への備えを兼ね備え、資産形成を考える方にとって魅力的な選択肢と言えるでしょう。

以上のようにワンルームマンション投資はメリットが多く始めやすい不動産投資ですが、長く続けるには様々なリスクに気を付ける必要があります。つぎに、ワンルームマンション投資のリスクをみていきましょう。

収支のマイナスリスク

年間の収支が赤字になる可能性があります。投資を始める前に必要な知識を身につけ、とくに収支に関する計算や物件の選定に注意が必要です。

収支計画に必要な経費

借入金の支払利息、各種税金、管理費、修繕積立金、保険料、減価償却費など、これらの経費とのバランスを考慮することが重要です。成功のポイントは、収入と資産の売却額が投資額を上回ることです。

空室リスクや災害リスク

空室が発生すると収入がなくなり、災害によって被害を受けると収入が途絶える可能性があります。地域や物件の選定、入居者の信頼性を確認することが重要です。

家賃下落リスク

家賃は需要に左右され、家賃下落のリスクがあります。物件の選定や地域の相場を考慮して、家賃の安定性を確保する必要があります。

資産価格の下落

マンションの資産価格は築年数や周辺環境の変化により下落することがあります。投資の出口戦略や売却のタイミングを考えることが必要です。

不動産投資ローンの金利上昇リスク

金利が上昇すれば支払利息が増大し、年間収支に圧力をかける可能性があります。金利の選定に慎重さが求められます。

出口戦略の限定

不動産の売却には時間がかかり、急な資金ニーズには対応しづらいことがあります。売却に備え、早めの準備が大切です。

以上のようにワンルームマンション投資には潜在的なリスクがあるため、慎重な計画と地道な管理が必要です。適切な情報収集、アドバイスやサポートを得ながら、投資を進めることが重要です。

投資物件の見分け方や注意点

ワンルームマンションを選ぶ際、管理状態や立地が収益に大きな影響を与えます。まず、外観が清潔で管理が行き届いた物件は入居者の好感度が上がり、空室リスクが低減します。駅近かつ人気のエリアにある物件も、入居者が集まりやすくなります。とくに、大学や専門学校周辺は学生が多く住むため、需要があります。

また、中古物件を選ぶこともポイントです。新築物件は価格が高く、家賃も初期のみ高めになりますが、中古物件は周辺相場に合わせて安定的な家賃収入が期待できます。ただし、物件を選ぶ前には資金計画が必要で、資金不足に陥らないよう注意が必要です。

注意点として、自己資金ゼロでの投資は避け、購入後の設備更新費用も考慮しておくべきです。ユニットバスやキッチン、給湯器などの設備は経年劣化があるため、更新費用を見込んで計画をたてましょう。これらを考慮することで、安定的かつ長期的なワンルームマンション投資が成功しやすくなります。

まとめ

不動産投資は安定収入や将来の資産形成に魅力があります。とくにワンルームマンション投資は、手軽な初期投資と管理のしやすさがあります。需要が高いエリアで購入すれば空室リスクも低減し、相続対策や老後の資産としても有望です。しかし、リスクも存在します。そのため、慎重な計画や管理は不可欠です。資金計画や設備更新に注意し、情報収集とサポートを活用しながら投資を進めましょう。

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像
記事一覧