東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

ワンルームマンションの投資は儲からない?原因と対策

公開日:2024/01/01  

ワンルームマンションの投資は、ほかの不動産投資と比べると手軽なため、一見魅力的ですが、一部で儲からないと言われています。本記事では、その理由と利益を上げる方法、そして重要な不動産投資会社の選び方について解説します。投資はリスクが伴いますが、正しい知識と対策を身につけることで、未来の収益を見据えることができます。

ワンルームマンションが儲からないといわれる理由

ワンルームマンション投資は、一見手軽で魅力的ですが、実際には儲からないと言われる理由がいくつか存在します。その中で最も注目すべき点は、空室で家賃収入がゼロになりやすいことです。

ワンルームマンションを購入し、その一室を貸し出して収入を得る仕組みはシンプルながらも、部屋が常に入居者で埋まっているわけではありません。次の入居者が見つからない場合、家賃収入は途絶え、その期間における支出はオーナー自身が負担しなければなりません。

また、ワンルームマンションは一室しかないため、空室時のリスクが大きいと言えます。対照的に、アパートやマンション全体を所有する場合、一室の空室があっても他の部屋から収入を得ることができ、リスクを分散できます。

さらに、家賃保証(サブリース)を採用している不動産業者もありますが、その信頼性や内容には注意が必要です。契約時に不分明な表現で保証を受けても、実際に必要になったときには期間の短縮や、金額の削減があるかもしれません。最悪の場合、保証をしていた業者が倒産する可能性も考えられ、オーナーは突然の収入喪失に直面することになります。

さらに、ワンルームマンションの収支には見えにくい危険が潜んでいます。好立地であっても収益性が低く、入居者の出入りや修繕が発生するとすぐに赤字に転落する可能性があります。それに対して、「将来の保険代わりになるから」とのセールストークが用いられることもありますが、これには慎重になる必要があります。

最後に、節税効果もワンルームマンション投資では期待できない場合が多いです。減価償却期間が長く、所得税率が高くないときにはあまりお得感がありません。ワンルームマンションを購入する前に、これらのリスクと向き合い、十分な検討が必要です。

ワンルームマンション投資を成功させるためのポイント

ワンルームマンション投資は成功の可能性が広がる一方で、注意が必要なポイントも多く存在します。ここでは、成功させるためのポイントをいくつか探ってみましょう。

投資の全期間での利益と純資産の増加を重視する

ワンルームマンション投資は短期的な利益だけでなく、長期的な視点での利益と純資産の増加が大切です。価値の上昇や将来の資産価値を見据え、計画的な運用が必要です。

情報収集と知識の増加が必要

PDCAサイクル(計画、実行、評価、改善)を繰り返し、常に市場の情報を収集し、知識を増やすことが成功への近道です。変化する状況に柔軟に対応できるようにしましょう。

成功率を向上させるポイント

・中古物件を選ぶ
新築よりも価格の値下がりが緩やかであり、管理費も比較的安定しているため、初期投資を抑えやすいです。

・適切な立地の選定
賃貸需要が高いエリアを選ぶことが大切です。周辺環境やアクセスの便がよく、入居者が集まりやすい場所を見つけましょう。

・タイミングを見計らう
相場の動向を理解し、適切なタイミングでの売買が成功の鍵です。市場の変動に注意を払い、有利な条件で取引を進めましょう。

・長期的なシミュレーション
15年以上の長期スパンでの収支計画を立て、リスクを評価します。将来の変動に備え、堅実な投資計画を心がけましょう。

・物件情報を集める
多くの物件を吟味し、相場観を養うことが重要です。競合物件との比較や地域の特性を理解し、最適な物件を見つける努力が必要です。

・不動産投資に関する知識を増やす
常に市場動向や法律の変更に注意を払い、不動産投資に関する知識を深めることが成功の秘訣です。セミナーや書籍を利用して、自分自身を常にアップデートしましょう。

投資初心者の注意点

初心者が成功するためには、成功した場合のシミュレーションだけに惑わされず、衝動買いを避け、購入する会社やサブリースを過信しないことが重要です。冷静な判断と慎重な行動が成功への第一歩です。

成功率の高い人の特徴とは?

成功率の高い人々は長期的な運用を行い、自己資金にゆとりがあることが挙げられます。また、絶え間ない学びの姿勢を持ち、変化する市場に素早く対応できる能力が成功の秘訣です。

ワンルームマンション投資は、確実な利益を追求するものではありませんが、ポイントを適切に押さえ、計画的な運用を行えば、成功への道が広がります。

不動産投資会社の選び方

不動産投資を成功に導くためには、最初に適切な不動産会社を選ぶことが重要です。不動産会社は物件の紹介から投資後のサポート、物件の状態管理まで幅広い役割を果たします。ここでは、不動産投資会社を選ぶ際のポイントについて解説します。

不動産投資会社とは

不動産投資会社は、物件の紹介や投資開始後のサポート、物件状態の管理など多岐にわたる役割を果たします。とくに力のある不動産会社は、高い入居率や不動産価値の高い物件を提供できることが期待されます。

不動産会社の種類

不動産会社は物件の取引形態によって、売主、代理、仲介(媒介)の3種類に分類されます。それぞれが異なる特性を持ち、会社ごとに得意とする物件の種類も異なります。例えば、一棟投資物件や区分マンション投資物件に強いところなどがあります。

不動産会社の選び方

不動産投資を成功に導くためには、適切な不動産会社の選択が不可欠です。以下は、良い不動産会社を見極めるためのポイントです。

・実績や信用度を確認する
信頼できる実績があるかどうかを確認しましょう。これは、過去の取引実績や他の投資家からの評価を調査することで把握できます。実績がある会社は、信頼性が高く安心して取引できる可能性が高まります。

・顧客目線での対応を重視する
不動産会社の対応が顧客目線であるかどうかは大切なポイントです。コミュニケーションが円滑であれば、トラブル解決もスムーズに進むでしょう。会社が親身になって相談に乗ってくれるかを確かめましょう。

・リスクやデメリットの説明が詳細かどうかを確認する
信頼できる不動産会社は、リスクやデメリットについて真摯に説明してくれるでしょう。投資はリスクが伴いますが、そのリスクに対して適切な説明があるかどうかを確認し、納得感があるか考えてみましょう。

・サポート体制やセミナーの充実度を確認する
投資後のサポートがしっかりしているかどうかも重要なポイントです。良い不動産会社は、投資家が安心して投資を続けられるようなサポート体制を整えています。また、定期的なセミナーが開催されているかも確認しましょう。

・自身の投資内容と会社の「強み」が合致しているかを確認する
会社の得意とする物件や投資スタイルが、自分の目指す投資内容と一致しているかを確認しましょう。自身の投資目標に合致した強みを持つ不動産会社を見つけることで、成功への道がより広がります。

これらのポイントを踏まえ、入念なリサーチと比較を行い、信頼性の高い不動産会社を見つけ出しましょう。

注意すべき不動産会社の特徴

不動産投資において、失敗を避けるためには不動産会社の選択が非常に重要です。以下は注意が必要な不動産会社の特徴です。

・強引・しつこい営業をする会社
無理に契約を急かすような態度を見せる不動産会社には警戒が必要です。健全な取引においては、契約までの過程でじっくりと納得がいくまで検討することが大切です。急かされるようであれば、その会社の信頼性を再評価するべきです。

・地域ごとの最新情報量が少ない会社
投資地域の最新情報を把握していない不動産会社は、適切なアドバイスや提案が期待できません。地域のトレンドや将来性を理解しているかどうかは、会社の信頼性を判断するうえで大切なポイントです。情報収集の不足は、投資の成功に影響を与える可能性があります。

不動産投資は確かにリスクを伴うものですが、これらの特徴に注意を払うことで、リスクを最小限に抑え、成功への道を切り拓くことができます。慎重な検討と比較を通じて、信頼性の高い不動産会社を見つけ、安心して投資を進めましょう。

まとめ

ワンルームマンション投資は手軽な一方で、空室リスクや信頼性の低い家賃保証による収入減が懸念されます。成功の鍵はPDCAサイクルの実践やリスクを見極めた選定です。中古物件の購入、賃貸需要の高いエリア選定、相場の動向把握など、計画的なアプローチが重要です。不動産会社の選び方も重視すべきで、実績や対応力、リスク説明の詳細さなどを検討し、信頼性の高いパートナーを見つけましょう。

成功率の高い人々は長期的な運用や絶え間ない学びの姿勢を持ち、慎重な投資戦略を展開しています。冷静な検討と市場動向への柔軟な対応が、ワンルームマンション投資の成功につながります。

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像