東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

中古マンション投資で稼ぐコツ|入居待ちが発生する人気のマンションの特徴とは

公開日:2021/03/15  


東京の中古マンション投資にも勝ち組と負け組があります。あまり人気がない中古マンションに手を出すと空室率も高くなり、結果的に損してしまうでしょう。そのため、条件のよい物件を選ぶことが大切です。入居者待ち状態になるような物件が一番理想ですが、本記事では人気マンションの特徴について解説します。

どういった物件が人気なのか

東京で中古マンション投資をする際は、人気が高い物件を狙っていくことが大事です。人気がない物件は確かに安いですが、それだけ空室率も高くなってきます。

そのような物件は最悪の場合、誰も入居しなくて維持管理コストばかりかかってしまうでしょう。それならば少し高くても、入居者待ちが生じるほど人気な東京の物件を利用したほうが損する可能性がなくなります。人気マンションには、共通した特徴があります。

まず、東京で人気なのが完全電化の中古マンションです。完全電化であれば生活がしやすくなるだけでなく、いろいろな費用を抑えることができます。また、完全電化は火事などの危険性も少なくて、安全に暮らせることも特徴です。

もちろん、エコであることも見逃せません。メリットが多くあるので、完全電化の住宅は今後も需要が高まることが予想されています。完全電化ならば助成金などが使えることもあるので、よりお得に購入できるでしょう。物件数自体も徐々に増えているため、中古マンション投資でも狙い目といえます。

物件選びで人気の条件とは

他にも人気があるのがデザイナーズマンションです。これは昔から人気がありましたが、最近ではとくにデザイナーズ物件を求める人が増えています。デザイナーズ物件は住心地がよく、省エネルギーなことも利点となっています。こうした物件は審美性が高いことはいうまでもありませんが、衛生的な面でも優秀なのでコロナウイルスの猛威が広まっている昨今ではますます注目されています。

デザイナーズ物件のデメリットは、物件数自体が多くないことです。このため、あまり見つからなくて困ることもあるでしょう。物件数が少ない分、取り合いになる可能性も十分にあります。これは仕方のないことですが、だからこそ常に新着の中古マンション投資物件を見て、デザイナーズ物件がないか確認しておくことが必要です。

他にも、ウォークインクローゼットがある物件も人気です。ウォークインクローゼットがあるだけで、一気に物件価値が上がるといったこともありますから、既存の物件に取り入れるのも一つの手段です。ちょっとした設備が住宅の価値を大幅に高めることもあります。

アクセスが良好な物件は人気

他にも、中古マンションの中でも人気が高いのがアクセスが良い物件です。アクセスがよいところであれば、少し古くても人気度は安定します。アクセスなどの立地的な条件は、それだけ重要であると念頭に置いておきましょう。とくに駅近の物件は絶対に見ておきたいところです。

人気な条件である分費用も高くなりますが、入居人探しで困ることはありません。駅から近いような物件は入居者待ちになっているところが多いです。加えて「駐車場付き」という付加価値のある物件であれば、なおさらです。

また、管理人が常駐しているという物件も人気です。管理人がいることで、セキュリティ面がより安心ですし、荷物なども一時的に預かってもらえます。便利なサービスが好評なこともあり、管理人がいる物件は賃料も高く設定できるでしょう。管理人がいない場合でも、受け取りボックス・宅配ボックスなどの受取サービスが充実している物件も人気です。オンラインショッピングする機会が増えたからこそ、このようなサービスを重視する方が多くいます。

セキュリティがしっかりしている

セキュリティを重視する人は、意外と多いです。セキュリティがしっかりしているのであれば、家賃が高くてもよいという人は少なくありません。監視カメラなどがある物件は、それだけ入居人も見つけやすくなってきます。このようなセキュリティ面で安心できる物件は狙い目です。

また、コロナ時代なこともあり、コロナ対策がしっかりしているかどうかも見る人は多いです。内覧した際に除菌ジェルが常設されているか、といった小さな点も見られるので、しっかりと対策しておきましょう。このような対策はどこの物件でもできるため、心掛け次第といえます。

除菌ジェルだけでなく、非接触サービスがあるか、その対策度はどれくらいなのか、といった点もセールスポイントになるはずです。これからリノベーションをするといった場合は、コロナ対策にも注目してみましょう。特に換気設備などを一新させておくことがおすすめです。費用は助成金で賄うことができるので、この機会にやっておいた方がよいです。

入居者待ちになる物件にするコツ

入居者待ちにするのが、中古マンション投資の理想といっても過言ではありません。とはいえ、入居者待ちにするには工夫も少なからず必要です。たとえば、先述したような設備や条件を兼ね備えた物件を選ぶことが大切です。他にも、適切な管理会社や不動産会社を選んで宣伝するといったことも必要といえます。

最近ではソーシャルメディアにおける宣伝なども重要になってきており、ソーシャルメディアで宣伝したら、それまでは空室率が高かった物件が急に入居者待ちになった、なんてこともあります。入居者待ち物件になれば一気に高い価格で転売することもできるようになります。

1,000万円の物件が5,000万円で売れるなんてことも珍しくないのです。そのくらい入居者待ち物件の価値は高いと言えます。そのためにも、紹介したような施策を欠かさずに試してみましょう。入居者待ち物件というものは将来性が高いので、金銭的に余裕がある場合は、売りに出されている入居者待ち住宅を購入することもできます。もちろん最初に費用は掛かりますが、その後は安定した収入が見込めるでしょう。

今後のトレンドを見極めることが大事

すでに人気になっているような物件に投資することもよいですが、今後人気になる物件を購入すれば初期費用が割安で済むでしょう。そのためにも、今後どのような物件が人気になるのか予想しなくてはなりません。たとえば、これから人気になる可能性が高いのが付加価値を加えたユニークな物件です。

「この物件にはバーがある」といったような通常ではありえないような賃貸物件が徐々に人気になってきています。このようなユニークな物件は話題化すれば、急激に入居者が増える可能性は高いです。

他にも、付近の開発状況なども見ておくことをおすすめします。近くにショッピングセンターができる場合、物件価値は高くなります。これによって人気になる物件を先読みできるようになるのです。いずれにしても上手く中古マンション投資をするためには、リサーチ力も欠かせません。このようなアドバイスなどは中古マンション投資アドバイザーに相談すればいろいろと教えてもらえますから、まずは問い合わせして聞いてみることをおすすめします。

 

中古マンション投資はおすすめできますが、空室率を低くするためにも人気の物件を探す必要があります。デザイナーズ物件などは、人気があって空室率も低いです。また、これからどのような物件が人気になるのか予想することも、投資するにあたって大切なことです。いずれにしてもよい物件に投資するには、リサーチ力だけでなく予想する力も欠かせません。

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像