東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

東京での中古マンション投資に失敗しない為のポイント

東京でマンション投資を検討しているとき、新築と中古ならどちらが適しているのでしょうか。

それぞれの選択肢で異なるメリットやリスクが存在しているので、その点を理解したうえで選択することが大切です。

実際に中古マンション投資を行ううえでは失敗しないために押さえておくべきポイントが存在しています。

注意すべき点を把握して、より良い形で投資が始められるようにしましょう。

 

メリットとリスクを理解すること

東京で中古マンション投資を始めるなら、どのようなメリットがあるのか把握することが大切です。

例えばメリットの1つとして、購入価格に関する点があげられます。

新築よりも安く購入できるので、初期費用を抑えて投資を始められます。

最初は新築で買ったとしても、数年たてば物件の価値は下がり、少し価値が下がったタイミングを狙うからこそ安く挑戦することができるのです。

また安く買えるということは、利回りの良さにもつながります。

初期費用が少なければ、購入額以上の利益も出しやすくなります。

利回りの良さに注目しているため、中古マンション投資を選ぶという方も多く見られます。

メリットがある一方で、東京で中古マンション投資を始めることにはリスクも存在しています。

リスクの1つが、物件の状態に関する問題です。

設備などが劣化している状態で物件を購入したら、修繕費で出費が増えてしまいます。

設備投資などで必要な費用を節約するためにも、物件の状態を確認したうえで選ぶことが大切です。

ほかにも空き室管理などのリスクも含めて、総合的に考えていくようにしましょう。

 

無理のない資産計画を考えよう!

中古マンション投資において人々が失敗しやすいポイントの1つが、資金計画に関する問題です。

不動産投資において人々が勘違いしている点の1つに、始めたらすぐに家賃収入が入ってくると思っているということです。

すでに入居者で満室の物件を購入するのであれば、投資を始めてすぐに家賃収入が入ってくることも期待できます。

ですが空き室があるような物件だと、最初は期待しているより収入が少ないということもあるでしょう。

収入が出るまで時間がかかる可能性もあるというリスクを理解したうえで、資金計画について考えていくことが大切です。

またほかにも資金で注意が必要なのが、収入に関する項目ではなく出費のことです。

実際に中古マンションを購入したとしたら、毎月管理費や固定資産税などのお金がかかります。

これらの項目は、入居者がいてもいなくても必要になるものです。

そのためマンション購入費で貯金のすべてを使ってしまうと、後からの支払いに対応できなくなる可能性もあります。

固定資産税などの支払いがあることを考慮して、無理のない予算で中古マンションを買うことを忘れないようにしましょう。

 

築年数や立地を比較して選ぶことが大切!

中古マンション投資で人々が失敗するケースとして多いのが、物件の選定の仕方が間違っているということもあります。

投資をするのであれば、どのような物件を選んでも問題ないと思っている方も多くいます。

ですが条件が悪いと、入居者が集まらずに家賃収入も期待できなくなります。

安定した家賃収入を期待するためには、条件を確認して物件を選ぶことが欠かせません。

例えばチェックするべき条件の1つに、築年数の問題があげられます。

少しでも少ない予算でマンションを購入するために、築数十年のものを選ぶという方もいるでしょう。

一方で築年数が長いマンションだと、入居者が集まりにくいこともあります。

また設備の状態やリノベーションの必要性も考慮して、購入する物件を選びましょう。

ほかにも忘れてはならないチェックポイントとして、立地の問題があります。

同じような間取りの物件でも、駅からの距離などの立地条件で価格に違いが見られます。

このとき安く買えるなら、駅から遠くても問題ないと考える方も多くいます。

しかし駅から離れたら、入居者が集まりにくいというリスクもあるので注意が必要です。

 

自分が住みたいかだけで考えないこと

投資用の中古マンションを選択する際、迷ったら自分が住みたいかどうかで選ぶという方も多くいます。

自分が住みたいかどうかは選び方の1つですが、そのことが原因で失敗してしまう方もいるので注意が必要です。

暮らすのは自分ではないということを意識することが大切です。

自分にとって良いと思える物件が、一般的に多くの方が住みたいと思う条件とは限りません。

そのため購入する物件を選ぶときには、一般的に多くの方が重視する条件を把握しておきましょう。

多くの方が気にする条件を考慮して物件を選ぶことによって、空き室のリスクを減らすことにもつながります。

また見た目の問題だけではなく、安全面も中古マンション投資における選び方では欠かせないポイントの1つです。

地震が起きたときのために、耐震性などの安全対策も確認するようにしましょう。

ほかにもエレベーターや階段など、細かい点も1つずつ確認することが大切です。

さまざまな視点から条件を考慮していくことで、空き室リスクの少ない物件を選びやすくなります。

自分で選ぶ基準がわからなければ、一般的な物件探しで人気の条件を調べることも忘れてはいけません。

 

利用する業者選びも大切な点の1つ

中古マンションを購入しようと考えているとき、具体的な物件の選定の前に注意しなければならないポイントが存在しています。

その注意点というのが、どのような業者に仲介してもらって物件を選ぶのかという点です。

同じように投資用の中古マンションを扱っている業者でも、取り扱っている物件や価格などの違いが見られます。

そのような違いを考慮するためにも、利用する業者選びが欠かせません。

実際に利用する業者を選ぶときには、まずはどのような選択肢があるのか把握するところから始めましょう。

特に初めて不動産投資を行うという方は、名前を聞いているところを適当に選んでしまって後悔するケースも見られます。

後悔しないようにするためにも、どのような選択肢があるのか把握したうえで自分に合った業者を選ぶことが大切です。

業者選びで迷った場合には、実際に利用した方の評判を参考にするのも1つの手です。

例えば初めての不動産投資であれば、業者選びだけでもさまざまな不安を抱えているという方も多くいます。

そこで先輩の意見から安心して利用できる業者を見つけることで、より良い形で投資を始めることにもつながります。

 

賃貸管理のチェックも忘れずに行うこと

中古マンション投資で気をつけなければならないリスクが、空き室に関する問題です。

人々が転居先を探す時期として、3月や4月など新生活が始まるタイミングがあげられます。

逆にいうと、そのような時期を逃すと入居者が集まりにくくなってしまうのです。

入居者がいないと、空き室の状態が続いて収入の減少にもつながります。

では空き室のリスクを減らしてより良い状態で物件を管理するためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

そのためのポイントの1つとして、賃貸管理業者の利用があげられます。

賃貸管理業者を利用することで、代わりに空き室対策や家賃の回収などが行ってもらえます。

実際に東京で賃貸管理業者を利用する際、注意しなければならない点も存在しています。

その注意点というのが、利用できる業者の選択肢が数多くあることです。

自分が購入する予定の中古マンションの規模、さらには評判などを調べて相性の良い賃貸管理業者を選ぶようにしましょう。

相性のよいところに任せることで、サポートを行ってもらってより良い形で中古マンション投資を行うことにつながります。

サイト内検索
東京の中古マンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託