東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

中古マンション投資とはどういうもの?

不動産投資にはいろいろな種類があります。その中の一つが「中古マンション投資」です。中古のマンションを購入して、経営してゆくものですが、一体どのような利点のある投資方法なのでしょうか。

 

中古マンション投資のメリットとは

マンションには新築マンション投資と、中古マンション投資に大きく分かれます。アパート投資でも同じことが言えますが、マンションとは異なるところがあります。例えばマンション投資の場合であれば、1棟買いをして投資を始めることもできれば、区分所有で購入してスタートさせることも可能なのです。

アパート投資の場合では区分所有での購入はできません。しかしマンションの場合であればそれができるのです。そこがメリットの一つと言えるでしょう。区分所有で購入するのであれば、購入金額も1棟買いするよりも比較的少額で済ますことができます。

投資初心者の場合であれば、銀行からの借入金も少なく投資をスタートさせることができるのです。さらに新築ではなく中古であれば、さらに安い価格でマンションを購入することができるというメリットもあります。

このようにあまり大きなお金を銀行から借りずにスタートさせたい人や、投資初心者向けの投資方法としては、中古マンション投資は理にかなっているかもしれません。

 

中古ならではのデメリットも存在する

しかしその逆にデメリットもあります。それは中古のマンションの場合にはすでに築年数が経過しているために、リフォームやリノベーションが必要になる場合があるということです。オーナーチェンジの中古マンションを購入した場合には、前オーナーがリフォームなどを施した状態で売りに出していれば、リフォームは必要なくなるため、その分費用を浮かすことが可能です。

しかしそれを施していない場合には、中古マンションの購入費用の他にも、リフォーム費用が掛かってしまうことを考慮に入れなければなりません。他にもマンションの場合には管理費や修繕積立金の問題もあります。

マンションによってはかなり割高の管理費が掛かる場合もあります。ですから購入する前にきちんとチェックするべきでしょう。さらに修繕費用もかなり収支を圧迫する可能性があります。

しかし中古マンションを現金買いした場合には問題ないとしても、借入金を利用して購入した場合には、返済の元金や利息分の負担もあるので、手元に残る金額がどのくらいになるのかをきちんと計算して購入した方が良いでしょう。

 

中古マンション投資も立地が大事

不動産投資全般に言えることですが、不動産投資において一番大事なことは「立地」です。これが良ければ定期的な家賃収入が入り、安心して中古マンションなどを経営することができます。できることなら東京都心の駅から近くの中古マンションを購入できれば理想です。しかしなかなかそのような好立地の物件は売りに出されることがありません。

地方都市の駅から離れたマンションを購入しても、入居者がいなければたちまち経営が圧迫してしまいます。そうならないようにするためにも、中古マンションを購入する際にはきちんと立地とその将来性を考えてから購入するようにします。

さらに利回りや自分の身の丈を超えないような借入金を考えてからスタートさせるようにしましょう。

 

このように中古マンション投資は、投資初心者向けの投資法でもあります。もちろん初心者以外でもできるものですが、比較的小さめのインカムゲインを狙っている人には区分所有で、大き目であれば1棟買いという選択肢もあります。

しかし投資をする際には、まず中古マンションの勉強をしっかりおこなってから物件探しを始めるようにしましょう。そうすれば投資に付き物のリスクを下げることができるのです。くれぐれも衝動買いはしないようにしたいものです。

 

 

サイト内検索
東京の中古マンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託