東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

中古マンション投資を始めるための流れとは

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/03/04

中古マンション投資が、東京では人気を集めています。

若手からシニアまで幅広い世代の方達が資産運用としてが始めているようです。

その流れはどういったものなのかを知らずに始めては、失敗する可能性もあるようです。

では、成功するためにどのように始めてみればいいのか、ビギナー投資家として流れが分からない時に活用できる専門の業者選びもポイントになっています。

 

リスクがあるから事前調査が何より大切

失敗の理由を聞けば、多くのビギナー投資家に共通しているのは、投資に関する勉強不足ということを上げています。

メディアの情報に釣られて、中古マンションに投資するだけで悠々自適な生活が送れると思い込み、徹底した調査を行わず、言うがままの物件を購入した挙げ句の果てに、失敗する流れがビギナー投資ではできあがっています。

中古マンション投資を始めるようとするビギナー投資家の多くは、ビジネスマン・ウーマンがほとんどと言います。

いざ始めるにしても流れが分からない為、賃貸管理業を業者に任せる方法を取るならば、永続的に利益を出すことも難しくありません。

始めるための流れは、長期に渡る事業でもあり、資金計画からアフターフォローまでです。

中でも、適切な賃料の設定は不可欠ですが、いまいちピンとこないのも致し方ないようです。

経験のない、あるいは少ないビギナー投資家は見極めが困難です。

そうした悩みの種となる様々な設定も業者がサポートしてくれます。

中でも、近隣地域には類似する物件もあるでしょうし、競争相手がいるならば独自手法で調査してデータを収集しなければなりません。

個人で難しいのなら、分析したり、適切な賃料を導き出して提案をしてくれる業者も活用してみましょう。

メリットがある一方で、東京で中古マンション投資を始めることにリスクが存在していることを知っておくことも忘れてはなりません。

リスクというのは、物件状態に関する問題が大きいようです。

設備の劣化した状態で手に入れても、その後には修繕費で出費が増える懸念さえ生じてしまいます。

物件の状態を確認しなければ、選ぶことはできませんし、してはいけません。

他にも、空き室管理のリスクも併せて総合的に考えて進めることも必要でしょう。

ファーストステップとなるのは、資金計画です。

ビギナー投資家にとって勘違いしている内容は先に述べたように、すぐに家賃収入があると思っていることです。

中古マンション投資を行う際にリスクとなり得る設備の老朽化、中にはリノベーション済となるなど、一見して新築並みの物件もあります。

ビギナー投資家は見えない部分にこそ気をつけて、専門家に依頼をし、十分な事前調査を行うことが必要です。

 

資金計画ができているかどうかがカギ

ビギナー投資家にとって、資金の目処が立たないという問題も念頭に入れましょう。

資金0なら、ローンを組めばいいと考えるビギナー投資家もいますが、現実的にそうした簡単な流れは作られていません。

ましてや、ローンを組むにしても、ある程度の支払いが待ちかまえていますし、手に入れるための頭金を用意しておきましょう。

頭金0制度を謳う業者を利用するのも1つの手ですが、必ずしも利用できるものではありません。

条件としては、年収やらデータが精査され、審査に通るかどうかが決定される流れです。

年収次第で返済が難しいと判断された場合は、頭金0で手に入れることができません。

余剰資金で余裕がある投資家向けなのか、そうした相性で業者選びも必要になる可能性も考えなければなりません。

例えば、500万から1000万円と言うように、まとまった年収・投資資金を確保できるのなら話しは別です。

また、始めるにしても空き室が出る物件だと期待しているより収入も少ないようで、収益が出るまでに時間がかかる可能性も考慮しなければなりません。

リスクを理解した上で、資金計画について考えていく流れを掴んでおきましょう。

また資金で注意したいこととしては、出費の問題です。

実際に東京の中古マンションを購入すれば、毎月管理費固定資産税などの負担が強いられます。

そのため、購入費で貯金を使ってしまうと、支払いに対応できなくなることや、空き室が長い状況下あれば、収入の減少にも繋がります。

良い状態での管理、この点をどのようなに注意したらいいのか、ここも始める前には調査しておきましょう。

そのため、賃貸管理業者の利用がおすすめできるのです。

利用することで、空き室対策や家賃回収などを代わりに行ってくれるため、ノウハウなくしても成功者となれます。

もちろん、固定資産税などの支払いがあることを前提に、無理のない予算で手に入れることを忘れないことはポイントです。

こうした業者を活用すれば、購入の手伝いから資産運用などの生涯のベストパートナーとして相談役になってくれますから、シニア世代でも十分、投資家デビューができます。

投資するだけが目的ではありません。

管理が何より必要不可欠となり、状況報告などもしてもらえるのなら、ビギナー投資家が所有する中古マンションの利回りも改善できるでしょう。

 

知識不足にならないように勉強をする

膨大な資料を収集し、投資家としての条件に叶った物件を探すことや、下見に行ったり、周辺環境を調査することも必要です。

おまけに物件を決めたとしても、その先にもややこしい手続きが控えています。

物件を選択する際、自分が住みたいかどうかで選ぶビギナー投資家もいるでしょう。

そのことが原因で失敗してしまうこともあり、実際に暮らすのは誰なのかを意識することが大切です。

利便性でいえば、不動産投資家のために作られたアプリケーションを活用してみるのも手の内です。

このアプリケーションは、自分向けの案内、候補物件のリストアップ、担当者とのコミュニケーションなど、あらゆるサービスを手軽にスピーディーにスマホから行えます。

ビギナー投資家として問題視される収支のシミュレーション機能にも優れています。

いったいどれぐらいの利益を上げることが可能なのか、概算を行ってくれるので計画も立てやすく、お金の流れのキャッシュフローを管理することもできます。

物件の良し悪しを測るためには、あらゆるポイントを網羅しなければなりません。

物件の価値やポテンシャルを総合的に判断、理論的に計測できれば問題もないのでしょうが、難しいのならアプリケーションに頼りましょう。

また、築20年以上のマンションはお手頃な価格だから、ビギナー投資家が手をつけがち、立地によってお買い得な物件もあります。

どの程度の入居が見込めるかという計算でも、少なくとも室内設備を見ておくことである程度の人気が出る物件なのかを見定めることができます。

トイレが別になっているユニットバスの方が、若い人を中心とした入居率に繋がるようです。

入居者を常に募集、確保して、高い水準での入居状態を安定させるにも、サポート業者が活用できたり、アプリケーションで管理ができる時代でもあります。

しかしながら、滞納などの入居後のトラブルを避けるためには、入居者に対する厳格な審査にも携わることになるでしょう。

やはり、知識だけはしっかり勉強するべきで、専用のセミナーも開講されていますから、活用してみましょう。

 

東京には、新築のみならず、中古マンションがお得に売買されており、ビギナー投資家が中古マンション投資に乗り出しています。

しかし、始めるにしても流れがあり、それは自己資金であったり、物件の調査、業者の選択にまで及びます。

サイト内検索
東京の中古マンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像