東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

マンション投資の中古と新築の違いとは

中古マンション投資をしようと考えている人はいませんか。

投資をこれからするならばマンション投資はかなりうってつけなものです。

実際、マンション投資は一般的に簡単なものですが、マンション投資にもいろいろな違いがあります。

例えば、新築マンションに投資するのか中古マンションに投資するのかは悩むところです。

他にもいろいろと知っておきたいポイントがありますが、ここではそんな点について紹介していきます。

 

中古マンションと新築マンションについて

中古マンションと新築マンションのどちらに投資するのかはじっくりと考えておくべきところです。

それぞれあまり変わらないように思えていても実際にはいろいろな点が違ってきます。

例えば、中古マンション投資のほうがよりコストがかかりにくいです。

新築マンションだとどうしても初期コストが増えてきますが、中古マンションであれば半額以下に初期投資コストを下げられることも。

中古マンションであれば借りるローンも少なくて済みローン審査なども通りやすくなってきます。

こうしたコストは見過ごされがちなところですが、しっかりと比較しておくに越したことはありません。

中古マンション物件は新築マンションよりも多量にあることも特徴です。

新築マンションだと都市圏にしかないこともありますが、中古マンションであれば場所を問わず見つけることができ、自分の家の近くの物件を見つけやすいという利点にもなります。

中古マンションを斡旋している不動産会社も多いですから、会社選びでも心配いりません。

とはいえ、中古マンションならではのデメリットもあります。

例えば、新築マンションよりも中古マンションは利益率が低いこともしばしばです。

これは仕方ありませんが、工夫すれば一気にマンション投資効率を高めることもできます。

このあたりはやはり不動産会社と相談してみると良いでしょう。

他にも中古マンションは化ける物件も多いです。

新築マンションだとなかなかオーナーの工夫で価値を上げることは難しいですが、中古マンションであればリフォームなどをしてより価値を高めることができます。

とはいえ、リフォームはやはり難易度が高いこともあり、マンション投資に慣れてきたら始めるようにすると良いでしょう。

最初は気軽にはじめて次第に資金が溜まってきたらリフォームなどにも挑戦してみるのもありです。

実際、中古マンションを購入してリフォームなどして転売することを趣味としている人もいます。

それくらいリフォームによって物件を生まれ変わらせるのは楽しいですから、これから投資をするといった際には検討してみると良いでしょう。

中古マンションはより収益が想像しやすいことも特徴の一つです。

中古マンションであればそれまでにどのような人が入居したことがあるのか、今までにどのような収益が上がったのか、といったデータがあります。

それだけ中古マンションを購入した後に失敗することも少なくなってきます。

一方、新築マンションだと購入しても全く入居者が集まらずに大失敗することがあります。

これも新築マンションを初心者におすすめしない理由です。

マンション投資で大失敗したという人は新築マンションに手を出して借金を抱えて破産するなんてことが多いのです。

こうしたことを防ぐためにもまずは中古マンションによって資金と経験をためて自信ができたら新築マンションにチャレンジするといったことが効果的です。

 

どのような人に向いているのかを詳しく知る

このように中古マンションと新築マンション投資はかなりいろいろな相違点があります。

これから投資をする際にどちらが向いているかはケース・バイ・ケースですが、もしも資金が大量にあるならば新築マンション投資を初めてみても良いでしょう。

新築マンション投資は長期的に投資に挑戦してみたい人向けで、長期的に見れば中古マンション投資よりもより収益率が高くなっています。

中古マンションだと月日がたつに連れて補修費用などが一気に高くなりますが、新築マンションであればこうした心配も当面はいりません。

新築マンションに済むという人は長期的に住まう人も多いですから、より収益も安定してくることも。

とはいえ、やはり新築マンション投資は資金がかなりいりますから、やはり初期資金がかなりある人向きです。

初期投資コストを回収できるまでにはけっこう期間もかかってきます。

また、中古マンション投資は初心者向けであることも見逃せないポイントです。

中古マンションであればリスクも少なくなってきますから、初心者でも始めやすくなっています。

中古マンション物件は新築マンション物件よりも大量にあり物件を選びやすいことも利点でしょう。

中古マンション説明会なども多く開催されているので間口が広いことも利点です。

一方、新築マンションは紹介したようにより資金が多い経験者向けです。

とはいえ、どちらの投資を始めるにしても不動産投資に詳しい不動産会社のアドバイスをしっかり聞けば初心者でもそこまで問題ありません。

逆に全く知識がないのに自分の力だけでなんとかしようとすると失敗することも多いので気をつけておきましょう。

趣味的に不動産投資したいならば中古マンションがうってつけです。

一攫千金を狙いたい人も中古マンションを選んでみると良いでしょう。

中古マンションによっては穴場物件もありますし、リフォームによって大幅に利益率を上げられます。

一方、新築マンションは安定収入が期待しやすいものの、やはり退屈と感じる人も少なくありません。

中古マンション投資は物件選びやリフォームなどそれだけ手間もかかりますが、実りは確かにある投資方法です。

 

実際に中古マンションを購入して投資してみよう

これから実際に中古マンションに投資したい際にはまずは不動産会社に相談してみることをおすすめします。

不動産会社に相談すれば自宅近くの良い物件をいくつか紹介してくれることでしょう。

また、不動産会社に相談することで収益率などについてもよくわかりますし、利用できるローンなどについてもよくわかります。

加えて、不動産投資といってもいろいろな形態があります。

中古マンションを購入してリフォームして転売するということもできますし、賃貸用途で貸し出すことも可能です。

このようにいろいろな投資の仕方がありますから、中古マンションに興味があるならばまずは相談して疑問点を解消してみるようにしておきましょう。

ちなみに不動産投資は元手ゼロでも初められます。

しっかりとした仕事をしていればローンですべての費用を賄うこともできます。

このため、不動産投資をする際に必要となるものは一切ないといっても過言ではないのです。

不動産会社に相談するだけでならば無料でできます。

そのため不動産投資に手を出してみたいという場合には早速今日にでも電話してみると良いでしょう。

 

不動産投資をこれからする際には中古マンションに投資するのか新築マンションに投資するのかを考えておきましょう。

それぞれで違いもかなりあります。

例えば、中古マンション投資は初心者に向いているといった特徴があります。

中古マンション投資はかなり面白いものであることも特徴です。

いずれにしてもどちらの投資方法が自分に合うか見極めておきましょう。

もしも困ったら不動産会社に相談して疑問点を解消してみるようにしましょう。

不動産会社に相談すれば物件のイロハからローンのことに至るまで実に多岐に渡る内容を相談してみることができます。

サイト内検索
東京の中古マンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託