東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

人気エリアの特徴を知ることで賢く中古マンション投資をしましょう

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04

中古マンションに投資を行う場合には、どのようなエリアで物件を探すかは大切な要素です。しかし選ぶべきエリアは単に人気だと言うわけではなく、その特徴や傾向をしっかりと把握することで、より戦略的な投資が可能になってくるものです。

「どのような地域を選ぶべきか」と悩んだ時に役立つ情報を紹介していきます。

不動産投資においてはエリアの特徴を知ることが重要

中古マンションを購入する際には、人気エリアの物件を確保するのは基本的な戦略の一つです。ただし闇雲に憧れの街や高級住宅街を選ぶのは避けたほうが良いでしょう。

もちろんこれらを選ぶのが悪いわけではありませんが、検討段階ではその特徴や傾向を知っておくことが重要と言えます。その理由は地域によって大きく特色が異なるので、入居希望者のターゲット層も変わってくるためです。

家族での暮らしに人気の都市もあれば、単身赴任に良く利用される街、学生や若者が多いところもあります。このために不動産においてもニーズが異なってくるので、これを読み解いていくことが空室率の低下に繋がるわけです。

例えば学生の一人暮らしに人気の街では、ワンルームタイプが人気でしょう。逆にファミリーで暮らす場合には3LDK程度はあった方が好都合です。他にもエリアについて検討する時には、色々な要素があります。

交通事情や街の利便性の他、立地条件等によっても狙いたい不動産は変わってきます。したがってどの街で物件を購入するかについては、その地域性を慎重に検討していきましょう。

アクセスや利便性による傾向をチェック

アクセスについては利便性が高いほうが魅力は大きいのは言うまでもありません。中古マンションの立地条件を見てみても、あまり辺鄙なところに建築されているような例は多くはないです。通勤・通学・買い物などなど人の生活において移動は欠かせませんから、路線や車道を使いやすいか否かは大きなポイントとなってきます。

人気エリアを見てみると、やはり鉄道網は充実しているケースが多いようです。東京では都心部にアクセスしやすい駅周辺は注目度が高いと言えます。ただし都心部付近ではどちらかと言えば、ビジネス向け物件が多くなってくる傾向があるようです。

居住用マンションは都心・副都心周辺にもありますが、どちらかと言えば港区や世田谷区、目黒区などは要注目と言えるでしょう。これらの地域は落ち着いた傾向にあり、居住には向いています。

したがって都心部へのアクセスは多少犠牲になっても、少し距離をおいた分は喧騒を離れており、暮らし易さと言う点ではメリットが生じてきます。逆に都心部付近では憧れのセレブリティーが高い暮らしが実現できますから、家賃高めの物件もニーズがあります。

このような違いが生じてくるので、地域性については詳しく知っていくことが重要と言えます。

東京都心部の注目の地域と特徴について

都心部には国内でも有数の人気エリアが密集しており、高級な中古マンションも狙い目となってきます。

まず格式がある街としては千代田区の「九段」は注目度が高いと言えるでしょう。極めて高級感のあるエリアで特に中層マンションが人気です。交通アクセスも良いですし、靖国神社などがあるために落ち着いた雰囲気もあって自然も見られます。

同じく千代田区の「番町」も格式が感じられる地域です。こちらは多数の文化人が好んで暮らしていることもあり、その街並みは気品があります。東京大学への進学者が多くいるのも特徴で、学びを重視するファミリーからのニーズがあります。

新宿区の「四谷」は新宿御苑や赤坂御用地を擁する街で、豊かな自然と落ち着いた雰囲気が魅力の街です。由緒のある寺も多いですから、高級ビル群が立ち並ぶ新宿にあってどこか懐かしい雰囲気が漂っているのが魅力です。もちろん買い物などにも利便性が高く、病院も充実しているので暮らし易さもハイレベルです。

他にも「飯田橋」「市谷」などが都心部のブランドエリアとなっています。

人気の高い港区で押さえておきたい街

都心部へのアクセスに優れた港区は、現在は再開発が進行しており人気が高くなっています。マンションも次々と建設されているため、物件についても選びがいがあるでしょう。今後も成長が見込まれているので、投資の際には要チェックです。

港区では「六本木」が代表的なブランドエリアとなっています。極めて高級感の高い街で、ステータス性を求める方も多く集まります。賃料100万円オーバーの高級タワーマンションなども需要があるようで、投資資金が潤沢な時に考えてみてはいかがでしょうか。

六本木に隣接する「麻布」も極めて人気が高いですが、こちらは打って変わって穏やかな印象が強いまちです。閑静な住宅街として発展してきたので、暮らし易さはハイレベル。赤坂や表参道にも歩いていける距離ですから、この点も魅力です。

麻布と恵比寿に挟まれる形で存在している「広尾」も、知名度こそ上記2つに譲るものの、住みたい街としての支持率は高いです。都心部とは思えないほどの豊かな緑が美しく、こころを穏やかにしてくれます。こちらはファミリー向けの物件が豊富なのが特徴です。

良好な住環境が整った世田谷の特徴

渋谷などにアクセスしやすい世田谷は、都内きっての良好な住環境が用意されているのが最大の特徴と言えるでしょう。このために総人口も多くて都内23区では最大を誇ります。

したがってマンションへのニーズも高くなっており、古い建物が積極的に取り壊されて新しくなっていくような、活性度の高さがあります。20代から40代の方が多く暮らす街として知られているため、働き盛りのファミリー向け物件を狙ってみるのも良いかもしれません。

世田谷区で注目を集めているのは「下北沢」です。都内でも抜群の人気を誇っており、居住希望ランキングでは上位に食い込んで来ることもしばしば。この街には商店街が多くて賑わいがある場所、居住に向いた静かな環境がバランス良く同居しています。

治安が良い「三軒茶屋」は女性から選ばれている傾向にあります。こちらは利便性も良いのですが安心性も高く、女性の一人暮らしにも良く選ばれているのです。よって女性向けのセキュリティー重視物件や、使いやすいワンルームタイプのものを考えてみてはいかがでしょうか。

他にもある要チェックなエリアについて

東京で中古マンション投資を考えるなら、品川もチェックしておきたい地域です。良質な住宅地が潤沢に整備されており、商店街も豊富で利便性も良好。多数の路線が使えるのでアクセス面でも有利です。落ち着いた山の手、伝統が感じられる下町の風情もありつつ、臨海地域ではオーシャンビューのタワーマンションも立ち並びます。

また女性からの支持が圧倒的な目黒区も要チェックでしょう。都内での犯罪率の低さはトップクラスで、女性の一人暮らしでも安心さがあります。

代官山や恵比寿などへのアクセスにも優れており、あこがれの街に短時間で訪れることができるのも魅力の一つです。

現在は再開発で盛り上がりを見せている江東区は、今後は期待が持てるでしょう。特に築地から移転してきた豊洲市場の存在感は極めて大きなものです。

以前は工業地帯として栄えた箇所も、次々とマンションに置き換わっており、不動産物件の供給も豊富となっています。鉄道網も充実しているために通勤・通学にも有利。このように魅力が高まりつつあるので、都内での投資を考える上ではホットな場所と言えそうです。

 

中古マンション投資を成功させるためには、人気エリアの特徴をしっかりと押さえて、居住者ニーズを分析していくことが重要です。

これらのエリアでは資産価値が下がりにくい傾向にありますし、居住希望者も多いので初期コストが嵩んでも、最終的には大きな収益も目指せます。まずは不動産会社に相談して、エリアの特色を詳しく分析してみると良いでしょう。

 

サイト内検索
東京の中古マンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像
記事一覧