東京で中古マンション投資・収益物件売買をするなら!相談におすすめしたい評判の不動産投資会社をランキングでご紹介!

専業主婦にこそ中古マンション投資がおすすめ!始めるときの流れとは

公開日:2023/06/01  


専業主婦の方の中で、中古マンションの投資に興味がある方は多いのではないでしょうか。しかし、中古マンションの投資に興味があっても、なかなか投資に踏み切れずに悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は、中古マンション投資に関して、投資を始める時の流れについて、本記事にて見て行きたいと思います。

専業主婦に中古マンション投資をおすすめする理由

ここでは、専業主婦の方に中古マンション投資をオススメする理由に関して見て行きたいと思います。おすすめする理由は大きく分けて3個ほどあります。1個目は投資をしていれば、いざと言う時の備えになる、2個目は資産形成を自分で行うことで心にゆとりができる点、最後の3個目は仕事となると言った理由が挙げられます。下記ではさらに詳しく、中古マンション投資のおすすめ理由に関して見て行きたいと思います。

おすすめ理由1

おすすめ理由の1個目は、投資をしていればいざと言う時の備えになる点です。長い人生の中で、いつ何時何が起こるか分からないのが人生です。もしかしたら家族が病気や事故に遭ってしまい高額な医療費がかかってしまったり、事故による後遺症が残り今まで通りの生活が難しくなってしまったりする可能性もあります。

このような最悪な事態に遭遇しまった場合、いちばん気がかりなのは、もちろん家族の身体の心配もさることながら、今後の生活はどうなっていくのか心配になってしまうと思います。

そこで家計の支えとなるのが、中古マンション投資になります。中古マンションへの投資をしていれば、自分が働かなくとも収益を得ることができる、いわゆる不労所得を手に入れることができます。いざと言う時に家計をかなり助けてくれる存在となりえるので、中古マンションへの投資は行っておくべきと言えます。

おすすめ理由2

おすすめ理由2個目は、資産形成を自分ですることで、心にゆとりができる点です。主婦の方であれば、家の家計管理を行っている方も多いのではないでしょうか。家計管理をするうえで、今月もまた赤字、そういえば先月も赤字で、なかなか黒字になる月が少なく焦燥感にかられている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ここで中古マンションへの投資を行っていることで、ある程度の不労所得を得ることができるため、たとえば赤字だった月へ中古マンション投資で得た所得を補填したり、いつも後回しにしていた自分への投資へ回したりできるため、おのずと心にゆとりが生まれます。

おすすめ理由3

おすすめ理由3個目は、中古マンション投資は仕事になると言う点です。実は、不動産投資家も立派な職業であることを皆さんはご存じでしょうか。不動産投資なんて所詮、個人が趣味でやる程度のことで職業にはならないと思う方も多いかもしれませんが、立派な職業のひとつとして認められています。不動産投資をスタートするには、とくに資格も不要かつ手軽に始めることができるのも、魅力を集めている要因のひとつとなります。

専業主婦が中古マンション投資を始めるメリット

ここからは、専業主婦が中古マンション投資を始めるメリットに関して見て行きたいと思います。メリットは大きく分けて3個あります。1個目は、専業主婦ならではのスキマ時間を有効活用できる点、2個目は緊急対応ができる点、3個目は、旦那さん名義で投資用のローンが組める点となっています。下記ではさらに詳しく見て行きたいと思います。

メリット1 専業主婦ならではのスキマ時間を有効活用できる点

物件自体の管理は管理会社へ依頼するケースも多いですが、管理会社も数多くの物件を抱えているため、ひとつひとつの物件に関してそこまで時間を割くことができません。そのため、物件の破損や汚損に気が付くのが遅れてしまうケースもありますが、主婦の方であればスキマ時間を有効活用して物件を見回ることができるため、物件に異常があればすぐに気が付くことができます。

メリット2 緊急対応ができる点

入居者から管理会社へ水漏れなどの連絡があった際、管理会社は今後の対応に関して、物件の所有者であるオーナーへ連絡し、解決方法を決める必要があります。管理会社はオーナーへ連絡するのも、電話がつながらないと言ったケースも多くあります。そうなると管理会社側としても、入居者へ今後の対応方法に関して連絡ができずに、どんどん入居者の不満はたまっていく一方です。

しかし、オーナーが専業主婦の場合はどうでしょうか。比較的連絡を迅速に取れる方が専業主婦の方には多いと思いますので、スムーズに管理会社も対応を進めることができ、結果的に入居者の不満もたまらないと言った結果となります。

メリット3 旦那さん名義で投資用のローンが組める点

専業主婦と言う立場上、融資を受けることができないと思っている方も多いかもしれません。しかし融資に関しては、旦那さん名義にて投資用のローンが組める場合があるため、資金調達が難しいと言う理由で諦める必要はありません。

専業主婦が中古マンション投資を始めるときの注意点

ここからは、専業主婦が中古マンション投資を始める際の注意点に関して見て行きたいと思います。

まずひとつ目は、旦那さんの扶養から外れてしまう可能性がある点です。妻の収入が増えてしまえば当然のことながら、旦那さんの扶養からは外れてしまいます。今まで扶養控除などの恩恵を受けることができなくなるので注意が必要です。

ふたつ目は、資金調達が難しい点になります。記事の中では旦那さん名義で投資用のローンを受けられるとお伝えしましたが、それが難しい場合資金調達は困難を極めます。そのため、資金調達はどうするのかあらかじめ考えておく必要があります。

専業主婦が中古マンション投資を始めるときの流れ

最後にここでは、中古マンション投資を始める流れに関して見て行きたいと思います。

まず手始めに、不動産投資関連の情報を集めリサーチを行います。その後は、投資する物件のタイプを大まかに決めます。ここで言う物件のタイプとしては、ワンルームやファミリーに向けマンションや一棟アパートやマンション、一戸建てや店舗、事務所などになります。

投資物件に関しては、なにもマンションなどの賃貸物件だけでなく、店舗や事務所なども該当します。その後、実際に投資する物件の絞り込みを行っていきます。気になる物件があった際は内見などを行います。内見を行う際、どうしても物件の状態や居室内の状況などが真っ先に気になってしまうかと思います。

しかし、実際に皆さんも物件を探す際、物件の周辺環境や交通アクセス、最寄り駅までの距離感なども気になるポイントだと思います。このことから、皆さんも物件を購入する際は、物件の状態や居室内の確認だけではなく、物件周辺の環境などにも目を向けることが大切となってきます。

そして、さまざまな物件を内見し検討後、気に入った物件があれば購入の申し入れを行います。その後、金融機関などへ融資の申請を行います。金融機関への申請に関しても、専業主婦であるため一定の収入を見込めない状況となっています。

そのため、金融機関により融資の審査が厳しいため、提出書類でもある事業計画を綿密に練り、事業内容と数字の根拠や現実性などを盛り込んだ書類を提出することが大切です。その後、金融機関の審査が通ればようやく不動産売買契約を結ぶ流れとなります。

まとめ

今回は、専業主婦にこそ中古マンション投資がおすすめ!始めるときの流れに関して見てきました。中古マンション投資をしていれば、不労所得を手に入れることができるため、いざと言う時安心です。しかし、専業主婦であるがゆえに融資を受けることが難しいため、資金調達に関しては、家族の協力が必要不可欠となります。今回の記事が皆さんの参考に少しでもなれば幸いです。

サイト内検索
東京の中古ワンルームマンション投資会社ランキング!
第2位 日本財託
日本財託の画像
リズム(REISM)の画像